FC2ブログ

(レース回顧)ラジオNIKKEI賞、函館SS

ラジオNIKKEI賞(◎ダイバーシティ 複勝的中)

直前に雷雨となり、馬場状態からして一気に変わった今年のラジオNIKKEI賞。
スマートギアが出遅れ、飛び出したのはルールプロスパー。サブジェクト、ノットアローンが続き、その後ろにダイバーシティ。キングオブカルトは中団につけ、モンテクリスエス、タイケショウオージは後方待機。
3コーナーでサブジェクトが先頭に踊り出て、そこにノットアローンが襲い掛かる。ノットアローンが先頭で粘りこみを計るところへ、外からレオマイスター、内からダイバーシティ。結局、外のレオマイスターが差し切って、2着にノットアローン、3着ダイバーシティと言う形。
ま~…レオマイスターの末脚が凄かった。案外、ルールプロスパーが思い切って行った事もあって、落ち着いた展開。ノットアローン、サブジェクトが動き出して、それを見て…という典型的な福島の競馬。それでも、粘りこんだノットアローンは見事。最後は、斤量の差でしょうかね。ダイバーシティも内容はありましたけど、人気だった分、前に行ったのが響いたように思います。


函館SS(◎ルルパンブルー 外れ)

タイセイアトム、ウエスタンビーナス、ゴスホークケンらが前に出て、キンシャサノキセキはその後ろ。キングストレイル、ルルパンブルー、シンボリグランは中団、スピニングノワールは後方待機と言う体勢。
直線に入って、キンシャサノキセキが付きぬけ、そこへトウショウカレッジ。完全に直線では2頭の一騎打ち。しかし、キンシャサノキセキが抜かせずに1着入線。2着には、トウショウカレッジ。3着、キングストレイル。
キンシャサノキセキは、流石の競馬、ですね。飛ばしたゴスホークケンらを4番手で見ながら、直線で満を持して交わしての競馬。横綱相撲、と言ったところでしょう。完勝、の一言しかないですね。トウショウカレッジも、後方から良く伸びての2着。唯一、キンシャサノキセキに迫れた、というのは見事。ただ、こちらは前走もそうですが、展開に注文は付くところですが。

単勝結果(6610円/6300円 回収率104.9%)
複勝結果(4590円/6300円 回収率72.9%)

テヅカモデルノラボ.レオテヅカモデルノラボ.レオ
(2008/06/17)
不明

商品詳細を見る


にほんブログ村 競馬ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0