fc2ブログ

ぎんなみ商店街の事件簿 BROTHER編/SISTER編

著者:井上真偽

Amazon(BROTHER編 SISTER編
BOOK☆WALKER(BROTHER編 SISTER編

駅から地名の元となった銀波寺へと続く参道に広がる「ぎんなみ商店街」。そんな商店街で起こった事件を、商店街の側で暮らす男ばかり4兄弟の次男・福太と、商店街の人気串焼き店の娘の3姉妹の次女・都久音が挑む連作短編集。
という風に書いたのだけど、本作はちょっと変わった構成をしている作品。
書籍としては『BROTHER編』と『SISTER編』の2冊として刊行され、それぞれ3編ずつ収録。そして、その中で起きる事件もまた全く同じもの。ただし、それぞれ関わり方はそれぞれ異なっており、それぞれの視点から真相へと迫り、同じヒントを得ながらも別の結末へと至る、という形になっている。
1編目は、カーブした道に立つ商店に車が突っ込んだ。幸いにも、入り口の柱にぶつかって車は止まり、店主らは無事だったものの、車の運転手は食べていた焼き鳥の串がエアバッグの圧力によって首に刺さり死亡した。そんな事故現場を目撃した小学生は、その車から誰かがおりてきた、と証言をし……
『BROTHER編』ではその証言をしたのが、兄弟の末っ子・良太だった、ということで事件に関わることに。目撃者である良太は、事情を聞こうとした警察からなぜか逃げ出し、事故についても口が重い。それはなぜなのか? 配達に出ていた、という店の奥さんが言う時間と、良太の行動に奇妙なところが。それらを突き合わせていった末に至る結論は……。良太が何を恐れたのか、というのを考えると「気持ち」面が強く押し出された話かな、と思う。一方、『SISTER編』は死亡した運転手は、長女・佐々美が勤めており、直前まで行動を共にしていた人間だった、ということで都久音は調査を開始する。その日、佐々美は食事から垂れたケチャップで服が汚れたことを運転手に叱られており、その運転手がタレの焼き鳥を食べていたのはおかしい、というところからスタート。さらに目撃者である小学生の言う「誰かが降りた」に着目したところで……。どちらも後味の悪い結末ではあるのだけど、心情的には『BROTHER編』が印象に残ったかな?
2編目は、廃棄物アートの作品が壊された。その串は、3姉妹の実家で使われている串だった、というところからスタートする『SISTER編』。一方、壊された時間帯に、三男・学太が同じ場所で書道部の活動をしていたということで事件に関わる『BROTHER編』。この話については、暗号解読という要素があるのだけど、どちらかと言うと『BROTHR編』は商店街の中でアレコレという方向に物語が進み、作品破壊はおざなりになった感じがする。一方、『SISTER編』は、書道部内の人間関係とか、そういう部分に重きを置き、動機面から解明していく形に。結構、ドロドロとした人間関係とかが印象的。ただ、どちらも一つの「真相」には辿り着くのだけど、当初の謎である「作品破壊」という面では『SISTER編』の方がすっきりとした感じ。
3編目は、グルメツアーというのがキーワード。料理人として、そのツアーに関わることとなった長男・元太と連絡が取れなくなった『BROTHER編』。抽選に当選し、ツアーに客として参加することとなった長女とやはり……という『SISTER編』。少部数で作られた焼き鳥のガイドブックに脅迫文らしき文言があることから、大きな事件が起こっているのでは? という部分は同じ。『BROTHE編』の方は、長男が勤めているレストランの経営者が変わり、店の様子がおかしくなった、というような部分から物語が進み、町全体に迫っている事件へ……。一方、『SISTER編』は、長女からの暗号らしきメッセージ、そして、脅迫文が書かれた書籍の流通ルートなどから解明を進めていって……。『BROTHER編』は、なんか規模が大きくなりすぎてちょっと置いてけぼり感はあったかな? ただ、ツアーそのものの謎という意味ではこちらがすっきりとした結末になったように思う。一方の『SISTER編』はツアーそのものの謎と言うより、商店街、個人商店を取り巻く問題とか、そういう部分がクローズアップされた形の物語だったな、という風に思う。
上に書いたように、それぞれ、別の視点で、別の真相を暴くことになるのだけど、4兄弟、3姉妹で長男、長女を除いては未成年という割に、結構、殺伐とした話が多い。キャラクター自体は良かったし、すごく物語自体も練られているのだけど、もう少し明るい話で読みたかったかも、というのもちょっと思った。

No.6847 & No.6848

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想井上真偽

COMMENT 0