fc2ブログ

【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう~けど相手が若手最強の迷惑系配信者だったらしくアホほどバズって伝説になってますわ!?~2

著者:赤城大空

Amazon
BOOK☆WALKER

想定外のダンジョン、ノーダメージ攻略を達成。さらには、フィストファックの一言でバズりまくったお嬢様系配信者のカリン。そんな汚名を払拭するべく、新たな配信をするのだが、そこで語った衣装、スキルがさらなる話題の火種となっていって……
1巻は、迷惑系配信者を止めようとした動画がバズってしまったカリンが、その人気のまま、想定外のダンジョン攻略を繰り出す様でさらに「なんじゃこりゃ!?」状態でバズるという、ある意味、それだけの物語。それだけで1巻が完結し、しかし、それを見ている視聴者らのコメントに大笑いさせてもらった。
で、この第2巻。前巻で、実力がとんでもなさ過ぎて、みんなが笑うしかない、というところから、さらに様々なところで規格外のことをしていた、というのがわかる話と言えるだろう。
バズった後の配信。そこで明らかになったのは、カリンの装備やら何やらは、全て彼女の手作り。しかも、その素材はダンジョン下層にいる超強敵からしか得られないもの。しかし、その時に浮かび上がる疑念。未成年者はダンジョンから素材を持ち帰ってはならない。次回の配信で実践すると言うが、それは違法行為の配信になるのでは? という思いもあったのだが……
これ、RPGとかで、作品によってはできることもあるんだけど、普通に考えて異様だよな。しかも、その配信の中で、弁護士が法律について解説してみたり、思わぬ形で引っ掻き回すのが楽しい。そして、ついに収益化の基準も満たし、さらなる配信へ。だが、そんなカリンを狙う者が……
この部分に関しては、そのままの決着になるけど、そこからの展開がさらなる衝撃。いやいやいや……実力もさることながら、その解決方法……もとい、その収納方法はおかしいやろ! 一応、カリン本人はそれを秘匿しようとしているけど、ふとしたことで簡単にバレてしまう。だからこそ、相変わらずのヘンテコな行動がより強調される。いや、英雄的な行動なのに、その時の行動によって、ツッコミどころ満載の展開になるのは笑うしかない。いや、そこから、それは出ないだろ……
描き下ろしという、カリンの親友・真冬の掘り下げも含め、なんか、色々と政治的な思惑とかも見え隠れし始めしてきたのだけど……
でも、カリンのツッコミどころ満載の行動がこれからも読みたいな、という風に思う。

No.6972

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想ガガガ文庫赤城大空

COMMENT 0