fc2ブログ

絶対可憐チルドレン・第20話

「超獣戯画! 時にはケダモノのように…」

明、初音とともに、山中での訓練に向かった皆本。その最中、明は、ある廃墟を発見する。旧軍の研究施設であるそこでは…。一方、薫たちは、傷ついた桃太郎を発見し…

冒頭から、爺様のシャワーシーンというどこをターゲットにしたのか? という映像があり、チルドレン3人の入浴シーン(湯気が濃い)、さらには、風呂上がりでの柏木さんへのセクハラ…と、かなり冒険をしているんだが…
実は、今回、かなりシリアスな物語だったことに驚き。

人間の手によって人工的に作られたエスパー動物である桃太郎。信頼していた研究者に裏切られ、実験動物にされてしまった。兵部らとの記憶を失い、あるのは人間への不信感と、それでも人間を信用したい、という葛藤。
一方で、そんな暴走した桃太郎に対する光一の言葉。けれども、その言葉は、エスパーとして、排除されてきた薫たちにとっても…。
「エスパーの気持ちは、エスパーにしかわからない」
人間として認められる。そのために、軍に協力した戦時の兵部たち…。

今回の話、第1話の話とか、そういうところから関わって、普通の人間とエスパー、というところがメインになっていて、かなり面白かった。そして、やたらと挑戦的なシーンの数々…。
冒頭の「ひまわりの種~♪」からは想像できない展開だった。

絶対可憐チルドレンDS 第4のチルドレン絶対可憐チルドレンDS 第4のチルドレン
(2008/09/04)
Nintendo DS

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-2551.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック